1. HOME
  2. 官能的コラム
  3. 最高の快楽を味わえるチクニー

最高の快楽を味わえるチクニー

一度味わえば抜け出せない

アナタはチクニーというオナニー方法があるのをご存知ですか?
一度味わった人は抜け出せなくなるほどの快楽に包まれるチクニー。
簡単に説明すると乳首をコリコリと刺激することで
快楽を得るオナニー方法です。
乳首は女性だけでなく男性にもありますよね。
なので男女共にチクニーをする事ができるのです。
でも乳首触ってもなにも感じないけど…?という人もいると思いますが、
そういった人は乳首を「開発」してないだけなんです。
これを体験すればもう普通のオナニーに戻る事は出来ないでしょう。
チクニーを極めた人はペニスを触らずに射精する事もできるのです。
一般的にドライオーガズムと呼ばれるものです。
そこまでの快楽を得ることができるのならば
一度挑戦したくありませんか?
少しでも興味を持った人向けにチクニーのやり方について
ご説明していきます。
チクニーのやり方として重要なのは
乳首の開発です。最初の内は乳首を触っているだけで
少しくすぐったくなるだけかもしれませんが
継続することが大切です。
チクニーのやり方としては指先で乳首を弄るだけです。
非常に簡単ですよね。
でも人によって直接乳首に触れて弄る人や
服の上から弄る人もいます。どの触り方が自分に合っているのかを
確かめながらチクニーするようにしましょう。

チクニーをする上で注意するポイント

チクニーをする上で気を付ける点として
強く弄り過ぎないことです。
女性とセックスする時と同じようにソフトタッチで
乳首を刺激するようにしましょう。
力任せに刺激すると痛みを与えてしまう事になります。
でもソフトタッチだからといって気を抜くことは禁物です。
乳首を常に意識するようにしましょう。
この時にペニスを触りたくなるかもしれませんが
まずは乳首のみを触って開発するようにしましょう。
徐々に開発されてペニスがギンギンに勃起するくらいに興奮するはずです。
それでも我慢してひたすら乳首を開発し続けます。
そして限界まで我慢した時にドライオーガズムを迎える事ができるのです。
ポイントはじっくり焦らずにです。
ドライオーガズムを体験できるチクニーですが
乳首を開発する上で多少のデメリットも存在します。
それは乳首が必要以上に敏感になってしまうことです。
人によっては普段の生活で洋服で乳首が擦れただけで
快感を感じてしまいビクッとなってしまい
日常生活に支障をきたす人もいるのです。
またチクニーのやり過ぎで乳首が肥大化してしまう恐れもあります。
最高の快楽を得られるチクニーですが
何事もやり過ぎには注意が必要ですね。