1. HOME
  2. アダルト体験
  3. ほとんど初体験のデリヘル

ほとんど初体験のデリヘル

自分のご褒美に熟女デリヘル

私は地方都市に住むアラフォー男で
今までの女性体験は両手があれば足りるほどの数だ。
そんな私だがちょうど去年の暮れに大掃除や正月用の買い物を終えて
ぐったりしてネットサーフィンをしていた時だ。
ダラダラとサイトを見ているとちょうど人妻デリヘルの
ホームページが目に飛び込んできた。
ちょっと覗いてみるかくらいの気持ちでホームページを観察していた。
女性の数は10人で年齢は40代が中心のお店らしい。
熟女と人妻が専門のお店だ。
日頃は風俗系のホームページを眺めたりはしないのだけれど
大晦日という事もあって一時間ほどお店の料金や案内
女性のプロフィールを眺めていた。
その中でも特に気になった45歳のデリヘル嬢がいた。
料金も一時間で一万円くらいだったので格安だ。
頑張った自分への一年間のご褒美だと思いお店に電話する事に。
ちょうど予約が開いていたらしくお目当ての女性を指名できた。
そして着替えてホテルへ車を飛ばし先に入って待つことに。
部屋の中で高鳴る胸の鼓動を感じながら待つこと20分程。
部屋に現れた女性を見て正直にいい女だと思った。
完全に私好みの女性だった。
プロフィールに書いてあった3サイズ通りの体型ではないだろうか。
服を着てても細さが分かる。この服を脱がせたらどうなるんだ…
という期待と興奮で思わず下半身が熱くなってしまった。

プライベートでも会う関係に

お互いの服を脱がせあいして一緒にシャワーを浴びた。
私が想像していた以上に良い身体をしている彼女。
ガチガチに硬直している息子をしなやかな手つきで洗ってくれて
それだけで爆発しそうになってしまった。
そのまま息子を口に含まれまったりフェラチオ。
恥ずかしながらすぐに暴発してしまった。
そしてシャワーで身体を洗われてベッドに移動。
先にベッドに横になっていた彼女を抱きよせて
ディープキスを交わした。そのまま胸をまさぐる様に揉みしだいていると
いつの間にか息子は回復して戦闘状態に。
彼女の身体を堪能しようと首筋から胸やわき腹、太ももと
ゆっくりと愛撫をした。
段々と喘ぎが高まっていく彼女。
その声につられるようにさらに愛撫していく。
そして彼女からお願い、入れてほしい…と、まさかのおねだりが。
流石に驚いたが私はそのまま生で挿入した。
挿入した瞬間に身体を仰け反らしさらに大きな喘ぎ声を上げる彼女。
私も彼女の腰の動きに合わせてピストンを繰り返し
彼女のお腹に二回目の大量放出。
その後、しばらく世間話をして連絡先を交換。
以降彼女とはプライベートでも会う関係になっている。